注染の手ぬぐい−紅型シリーズ 枝垂れ桜

型番 088-102
販売価格 1,944円(税144円)
購入数

大阪のヤギセイさんによる注染の手ぬぐいです。注染というのは染料を上から注ぎ下まで通してしまうものなのですが、その中でもひとつの型で染料が混ざらないように糊で土手を作り、たくさんの色を同時に染め分ける「差し分け染め」が得意な大阪。江戸物にはなかなかない華やかさです。
例えば紅型シリーズは、沖縄の若手紅型作家さんにデザインをお願いしたもの。染めの職人さんに「こんな難しいものはできない!」と断られたのを無理に頼み込んで、ようやく完成に漕ぎ着けたという逸品です。

沖縄は寒緋桜しか咲きませんが、こちらは枝垂れ桜のデザインです。実は紅型の世界では、沖縄にないものをデザインすることが多いそうです。松竹梅の梅も沖縄にはない植物のひとつです。自分で使うのも楽しいですが、贈り物にしても、壁にかけても、見るだけで楽しくなる色鮮やかな紅型の手ぬぐい。海外の方へのおみやげにも喜ばれそうです。

一枚一枚職人さんの手によって作られているため、多少の色のにじみ、かすれは手作りの風合いとしてお楽しみいただければと思います。



【サイズ】
綿100% 日本製 大きさ:約34cm×90cm

【注意】
・洗濯や使用により布地が柔らかくなり、端がほつれてきますが5mmほどで自然に止まります。
・手染めのため色落ちする事があります。漂白剤や乾燥機の使用はお避け下さい。
・濡れたままで放置すると他のものに色移りすることがあります。ご注意ください。

Your recent history